スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
無性に欲しい!!
世界中にはすばらしい楽器があるもので、そのような楽器を生み出す職人さんの創造力、技術力たるや感動を覚えますよね。

比較的最近、2000年ころに生まれた楽器Hang Drum
スティールパンのようでいて幻想的な音はなんとも心地よい~


でもね、すんごく高いの。
プレミアついちゃってたりして


このHang Drumにつづけと、世界中では様々な「手で叩くことのできる音程感のある楽器」が作られているようです。


ECLIPSE drum




Zen Tambour

GARRAHAND


などなど

しかし、日本の職人さんも負けていないですよ!
頑工(GANK)という名前です。
価格も海外モノよりリーズナブルなのに、両面が打面というのがまたうれしいじゃないですか!




良い音ですね~

近い将来、enのライブで突然出現する時がくるかもしれませんよ・・・!?


スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
200912060310
| moritomomori |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。